無料ブログはココログ

大阪港

2012年9月 4日 (火)

がれき受入反対は自己中なのか?

 がれき受入反対の行動をしていると、「わがままだ。東北の人が困ってるのに」という方がたまに現れます。橋下市長の論理もそうですね。説明会でもそのようなことを言ってましたが、こどもの家事業の補助金など必要なものまでバサバサ切ってなんとも思わない人間がいう「思いやり」の言葉など聞いておられません。

 私たちを「わがままだ」と非難される方はそれが東北の助けになると信じておられると思いますが、本当にそうでしょうか?

がれきはただのがれきではなく、六価クロム、砒素などの有毒物質の他に放射能を含んでいます。それを燃やせば私たちの頭上に有毒ガスや放射能が降り注ぐのです。

しかも昨年の3・11から一年半以上、福島第一原発からは放射能が漏れ続けています。報道が減ったからといって放射能漏洩が止まったわけではありません。まだ事故は収まっていないのです。

その間、がれきの上にも放射能は降り積もっています。

橋下は100ベクレル/kgだから安全といいますが、全量検査するわけではありません。サンプル検査です〔橋下は説明会ではっきり言った〕。サンプルに採取されたものが100ベクレル/kg以下だと全量100ベクレル/kg以下にみなされます。

ほんとうは1000ベクレル/kgだとしてもそうなるのです。

安全なんかでは絶対ありません。大阪の海も空も陸も今よりもっと汚染されます。そして岩手の仮置き場で検査する人、運送にかかわる人、焼却や埋め立てにかかわる人も被曝します。

そしてどれほど被曝したか、誰にも分かりません。将来ガンや白血病になったとしても、誰も責任をとらないんです。橋下も!!

それでも大阪まで運んで燃やさないといけませんか?

むしろ東北の方たちが避難したい時避難できるように、低線量な今の状態を保つべきではないでしょうか?

福島では西日本の野菜が値段は高くても売れていると聞いています。小さいお子さんを育てている親ごさんは特にそういう野菜を必要としています。

学校の休みを利用して子どもたちを関西に保養キャンプに出す方もいらっしゃいます。

大阪でがれきを燃やしたらそういうこともできなくなります。日本中放射能まみれにしてどうするんですか?

政府はそうしたいようですが、騙されてはいけません。

がれき受入に反対するのは自己中ではありません。

11月の試験焼却を許さず大阪の海、空、陸を守りましょう。

2012年8月31日 (金)

がれき説明会騒然

20120830kaijyousoto2 8月30日午後7時から中之島中央公会堂で行われたがれき説明会。
此花で行われた説明を一歩も出ない物だった。〔写真は会場外。受付が始まる頃〕

市民はなめられてるとしか思えない。此花でもかずかずの疑問、反対意見が出ているのである。

私の後ろのほうからは「もう説明なんかいいから質問させろ」と言う声が聞こえてきた。たしかに壇上に10人ぐらい並んでいるので、一人ひとりはなしていてはそれだけで、小一時間かかってしまう。ほんとうに質問時間を減らすためにこれだけの人数が壇上に上がっているのかと私も危機感を持った。

橋下も松井も環境省の役人も、100ベクレル/kg以下のものしか受け入れないので安全だというが、その基準が3・11以降引き上げられた物であるので信用できない。

会場からは「全量検査するのか」という質問。
それに対して橋下は「全量検査ではない。市場に出回ってる食品も全量検査はしていない。みなさんはそれを食べているでしょう。この場はみなさんの意見を聞いて方針を決めるわけではない。市の方針は決まっています」と言い放った。

要するに「安全だと納得せよ」という説明会なのだ。

また、別の質問に答えて「大阪市民は大阪市民だけで生きているわけではない。関西で何かあったとき他の県からの助けは要らないんですか」だのおためごかしの「説明」に終始した。

阿倍野区の人が「安全性の分からない物を大好きな大阪に持ち込んで欲しくない。今なら止められる。燃やしてからでは遅いんです。100ベクレル/kgというのは震災前ならドラム缶に入れて保管していたレベルのものです。政府が100で安全というところからおかしいんです。橋下さんは民意と言うけど私たちの意見は聞かない。そういう人に市長は無理なんじゃないですか」と質問。

橋下は「みなさんは意見を聞かない市長はやめろというが、この会場の外では皆さんよりはるかに多い人が賛成している。100ベクレル以下は安全」と言い放った。

会場は騒然となり「リコール!橋下辞めろ!」コールが鳴り響いた。橋下が時間が来たのかどうか分からないが、市民が手を上げているのに、抗議の声を上げているのに挨拶して退席したあとも、辞めろコールは鳴りやまず続いていた。

Kc3u0107

会場外では兵庫や京都など近隣の県から来た方たちが横断幕を広げ、マイクで抗議を続けていた。

このがれき説明会は市のHPと広報に載っただけで周知徹底されてなかったが、それでも会場の7割くらいは埋まっていたと思う。

11月の試験焼却を許さないたたかいが必要だ。        〔会員 N〕

2012年4月22日 (日)

戦争をしてきた艦船を“平等”に扱うのはまちがい―大阪市港湾局交渉(4月18日)

418日(水)、「大阪港の軍事利用の中止を求める実行委員会」として大阪市港湾局との交渉に参加しました。こちらは5名、応対したのは大阪市港湾局山本海務担当課長(新任)、松岡課長代理、青山係長の3名でした。


 まず最初に
221日付の市長宛申入書に対する39日付大阪市回答が市長回答ではなく港湾局長回答なっており、かつ押印もしていない点を指摘し「これでは単なるメモにすぎない、市長の公文書として回答してほしい」と要請しました。

確かに市長宛に申入れても、回答書は各部局の担当者が作成するのでしょうが、それでも市長名のものにするのが筋というものでしょう。しかも押印もしていないとは誠に不誠実と言わざるをえません。この要請に対しては「市の取扱いを確認して回答する」と答えるのみでした。


 本論に入り、市が米艦船や自衛艦の入港を許可する根拠としている港湾法
132項「港湾局は、何人に対しても施設の利用その他港湾の管理運営に関し、不平等な取扱いをしてはならない」に関して「それは平和な商港として、私企業に不平等な取扱いをしてはならないとの趣旨であって、戦争をしている生々しい軍艦はむしろ平等に取り扱ってはならない」と反論しました。

そしてもし港湾法
13条で米艦船を入港させるならば当然他の国内法も適用されなければならず、入港している米艦船で何か犯罪行為があれば、立ち入って捜査や取締りが可能なはずですが、現実は基地と同じく治外法権とのこと、この矛盾だけとってみてもとても平等な取扱いとは言えません。


 入港の打診があった際は「核搭載の有無とバースの空きがあるかどうかで対処している」とのことですが、「安保条約の円滑な運営の観点から、しかるべく協力を…」(
201156日外務省北米局回答)など政府筋からの圧力があればそのようなチェック機能など吹っ飛んでしまうでしょう。まさに憲法や国内法の上に安保が存在する日常を何とかしなければと思いました。


 その他何点かにわたり質疑応答をくりかえした後「大阪港が兵站基地だった歴史を繰り返さないで。友好と称して子供達を軍艦に慣れさせないで」そして「神戸では非核方式で米艦船は入港していない。(市長の専権事項なので)最後は市長の判断にかかっている、積極的に要請してほしい」などと訴えました。これらに対し当局は「皆さんの意見は尊重します。入港させない努力は検討します」と弱々しい返答がありました。


 最後に、入港の打診があった時にはすぐに情報を公開すること。平和な港の運営のため、入港反対グループも参加できる市主催のシンポジュームなどを企画してほしいことを申入れ、この
5-6月は今のところ入港の打診はないことを確認して約2時間の交渉を終えました。


 ところで…橋下市長が今回理想の上司のナンバーワンになったとのことですが、皆さんどう思われます?? がれきの受入表明に続いて「米艦船や自衛艦は大阪にどんどん入港すべし」なんて専権事項を逆手にとって言い出しそうですよ。その時市民は拍手喝采するのでしょうか?おおこわ(会員 Y)

2012年2月22日 (水)

大阪港の平和利用を大阪市と米領事館に申し入れ

 2月21日、大阪港の軍事利用の中止を求める実行委員会として大阪・神戸アメリカ総領事館総領事と大阪市長に申し入れに行きました。

大阪港には米軍艦船と自衛艦が毎年のように入港しています。私たちは大阪港を平和のための港として守るため、以下の申し入れ書を米領事館と大阪市長に持って行きました。

20120221beiryomae

大阪・神戸米総領事館総領事あて「20120221beiryouate.pdf」をダウンロード

大阪市長あて「20120221osakasityouate.pdf」をダウンロード

米領事館では驚いたのですけど、警察(天満署)の許可がないと受け取れないという対応。時間をさいて行っている私たちとしては、ハァ~!?け・い・さ・つ・う??となりました。

 いきなり行ったわけでもなく、事前に電話で問い合わせ、相手の要望のとおり、手紙で用件を伝えているのに返事もよこさず、行ってみれば「こういうことは事前に天満署の許可をもらってもらわないと受け取れない。写真も不許可」という対応です。

それならなんで手紙を送った段階で教えないんだ?とやりとりがありましたが、相手の方は領事館の人でもなし、仕方がないので後日郵送ということにして引き上げました。

しかし、いったん警察を通すというのは穏やかじゃないですね。さすが世界中に戦争をしかけているアメリカ。警戒心は半端じゃないってことですね。

 大阪市役所では情報公開室の担当係長と広聴担当の方が対応。
代表の高さん(全日建連帯労組関西生コン支部)が申し入れ文を読み上げ、3月上旬から4月にかけて軍艦が入港することが多いので、3月上旬までに回答が欲しい、文章ではなかなか思いが伝わらないので協議の場を設けてほしいと付け加えた。

20120221osakasimousiire

 担当係長はこちらに来られるより直接港湾局に行かれるほうが話が早いと応答。物言いはていねいだがこちらは橋渡ししかできないとのこと。

 高さんは、われわれも直接港湾局に何度も申し入れしているが、市のほうにそういうことが伝わっていないのではないかと思って市の方に来た。
1・2ヵ月後に回答とかいうことがないよう、すみやかに返答するよう港湾局に言ってほしいと重ねて要望しました。

2011年9月28日 (水)

自衛艦大阪港入港に抗議する!

922tenposann0

9月22日自衛艦の大阪港入港に抗議して250名ほどの労働者、市民が天保山公園に集まりました。

大阪港はかつて軍事拠点として使用され、兵糧、武器、弾薬が戦地へと輸送されました。(その名残でこの天保山公園には食肉となった動物達の霊をなぐさめる獣魂碑が建てられています。)

ふたたび、そのような軍事利用を許さないため、南大阪の労働組合を中心として粘り強く「平和貿易港としての大阪港を守る」運動が続けられています。

私たち大阪の海と空を戦争に使わせない会も参加しました。

922tenposan1

922tenposan2

922tenposan4_2 

922tenposan3_3   

2011年9月19日 (月)

9・22自衛艦入港反対抗議決起集会へ

■9月24~25日、海上自衛隊呉地方隊が大阪港湾全域を使った海上展示訓練を行います。
 展示訓練とは一般公募した市民に艦艇の体験航海等を通じて、海上自衛隊の活動を身近に体験・体感させるもので、午前11時から出港し、午後6時ごろ頃入港するというもの。1日のうち7時間を一般市民に体験させるのです。
乗艦する場所は大阪(天保山)神戸(新港及び阪神基地隊)・淡路島(津名港)・和歌山(和歌山港)という広範囲なものです。
 このようにして自衛隊を軍隊として市民に認知させ、大阪港を軍港にしようとしています。

■その背景には、昨年秋の中国漁船船長逮捕以来、中国との軍事的緊張が増す中で、日米安全保障の範囲を「公海上の安全保障」へ拡大しようという動きがあります。また、昨年11月末に続いて、8月にヨンビョンド付近で南北朝鮮の軍事衝突が起き、韓米の軍事演習も激化しています。沖縄県辺野古新基地建設についても、野田佳彦首相は16日の参院本会議の代表質問で2010年5月の日米合意を基本方針とする考えを表明し、重大な局面を迎えています。

■南大阪の労働運動が守り抜いてきた「大阪港の軍事利用反対」の闘いをともに闘いましょう。「大阪港の平和利用」を守り抜きましょう。

日時:9月22日(木)
   午後6時半開会
場所:天保山公園
主催:南大阪平和人権連帯会議
 ◎集会後周辺をデモ行進します。

2011年5月14日 (土)

大阪港の平和利用を守るぞ

110513bururijihantai

5月13日南港に米軍艦「ブルーリッジ」が入港、16日まで停
泊することを受けて、大阪港の軍港化を許さない、平和貿
易港としての大阪港を守ろうと集会が開かれ大阪の海と空
を戦争に使わせない会会員も多数参加ました。

写真は仕事を終えて集まってきている労働者たちです。

会場は天保山の大観覧車を望む公園入り口の広場。
集会が始まるころには、ほぼ満杯。

司会は港地区平和人権連帯会議の中村さん。

大阪港は戦時中軍港として使用されため、大阪は大空襲に
見舞われ多大な被害を受けた歴史的経過があることから、
大阪港を平和貿易港として守ると集会の意義を述べました。

また、米軍艦ブルーリッジは「トモダチ作戦」と称して東日本
大震災の救援に行ったけれども、実際は原発のある福島か
らは遠く離れた場所からの救援であり、トモダチ作戦を大々
的に政府やマスコミが広める中で、沖縄の基地問題固定化
の動きがあると指摘しました。

沖縄のたたかいに連帯して、大阪は平和貿易港を守ると決
意を明らかにしました。

また、12日の全日建関西生コン支部に掛けられた不当な
権力弾圧、労働者への権利侵害との闘いを強めていこうと
呼びかけました。

主催者あいさつは南大阪連帯会議議長の大野さん。

震災のさなかに現れるということは、どういう理由があれ、
われわれ大阪市民を混乱させるものでしかない。

浜岡原発が中止になったが、そのなかで言われていること
は、原発のある場所が大変危険な土地である、一つは横須
賀の第七艦隊の基地が危ない、あるいは横田の基地とか
隣接した多くの米軍基地がある。アメリカの指示だろうという
ことが言われています。

沖縄の辺野古では大変なたたかいが行われています。
今、辺野古に基地をつくるために北沢防衛大臣が沖縄へ
行ったりしています。
アメリカの上院軍事委員会では「辺野古は無理」ということ
も言われている。
しかし、長いこれまでの経過を見ると、辺野古を米軍基地に
するということは明らか。
一致団結して反対していきましょう。

大阪は震災からも離れています。沖縄からも離れています。
しかし、中間地点のこの大阪から全国に声を発信していき
ましょう。

主催者あいさつ・大阪平和人権センターの山下さん

まず、米揚陸艦ブルーリッジ入港への怒りを表明し、東日本
大震災被災者への支援を継続していくと発言。

「トモダチ作戦」と名づけたのは日本側であることや、「普天
間に基地があるから迅速に東日本に救援・支援の活動が
展開できる」という普天間基地長官の発言を紹介し、沖縄の
米軍基地の存在、海兵隊軍隊が居座ることを認めさせよう
としているのではないか。

在日あるいは沖縄の軍隊が居座ることについては、大きな
NOの声を上げていかなければならない。

昨年1年間で日本の民間港湾に18隻、アメリカの軍艦が
入港している。日米の軍事体制がさらに強固になっている
のではないか。

東アジアの緊張した情勢をある意味、利用しながら日米
軍事体制の強化を図ろうとしているんではないか。

そうした中での大阪港入港である。

今週火曜日に大阪市に対して抗議申し入れをしたいと
交渉したが、何の対応もない。
こうした不誠実な大阪市の対応を許さないたたかいも
すすめていきたい。

続いて大阪市会議員の奥野さんから来賓挨拶があり、
参加組合からの発言に移りました。

全日建連帯労組関西地区生コン支部・西山さん

西山さんは隣の神戸港は米軍艦の入港を許したことは
ないのに、なぜ大阪市はやすやすと入港を許すのかと
大阪市の姿勢を追及。

弾圧に対しては大規模ストに対する攻撃であること、
集会当日も別の組合員宅へ家宅捜索があり、この弾圧が
長く続くことが予想されること、負けずにがんばることを
決意表明しました。

大阪平和人権センター自治労大阪青年部

なし崩し的に大阪港を軍事利用することは許さない。
戦争できる国づくりは許さないとの決意表明があり、
デモに出発しました。

デモは海遊館の方向へ向かい、左折して地下鉄中央線の
ガードに沿って行進。
大阪港駅前を通過して、天保山公園に戻るという短いコース
ですが、元気良く闘われました。

2011年5月 9日 (月)

米艦「ブルーリッジ」の大阪港入港反対

「大阪の海と空を戦争に使わせない会」会員のみなさん、
大阪港の平和利用を望むみなさん、下記集会が
呼びかけられています。ぜひ、参加しましょう

 5月13日(金)から16日(月)にかけて米艦「ブルーリッジ」が
「日米地位協定」を名目に大阪港に入港しようとしています。
2009年4月J・S・マケインが入港してから2年ぶりです。

Photo

ブルー・リッジは米第7艦隊旗艦として横須賀基地に属し、
湾岸戦争時は旗艦として9ヶ月半参加した軍艦です。

南大阪連帯会議は、「この間の在日米軍の再編成に
自衛隊の協力を推し進めようとする動きに反対する
とりくみや大阪港の軍事利用を許さず
『大阪港の平和利用を促進する連絡会議』を軸に
取り組んできた経過を踏まえ、地域から反戦平和の
たたかいを強化していく立場から」このたたかいを
呼びかけておられます。

繰り返される米艦の大阪港入港は、大阪港を平和時から
軍艦が使用し、既成事実を積み重ねようとするものです。
戦争になったときに、大阪港使用をスムーズに抵抗感なく
できるようにしようとしています。

私たちはこのような港湾利用に反対です。

ぜひ、呼びかけに応え、参加しましょう。

米艦ブルーリッジの大阪港入港反対!5.13抗議集会

日時 5月13日(金)18:30~

場所 天保山公園~デモ~天保山公園