無料ブログはココログ

« 戦争は突然起こるわけではない | トップページ | フィールドワーク ― 丹波マンガン記念館 »

2015年5月16日 (土)

「安保関連法案」の閣議決定を弾劾する

 5月14日、自衛隊活動の拡大を図る「安保関連法案」が閣議決定されました。

戦後70年、曲がりなりにも維持されてきた憲法の「平和主義」が覆される歴史的転換になる事態です。公明党の若干の抵抗で「国会の事前承認」が入れられましたがほとんど歯止めにはならず、数の論理で今国会で成立されようとしています。

加えて緊急事態の場合はこの「事前承認」なしでも自衛隊の出動が可能とのこと、それに「秘密保護法」を重ねれば、どんな緊急事態か、どこに行くのか全く私たちに知らされないままに自衛隊が世界中に出動していくことになります。なんと空恐ろしいことでしょうか。

憲法96条の「改正手続」さえ無視して9条を破壊する安倍政権の愚行を徹底弾劾するものです。

威嚇は抑止に逆行する

 世論調査では大半の意見が「もう少し時間をかけて審議すべき」や「廃案」なのに小選挙区制の矛盾もあり国民の声が全く政治に届いていません。

 安倍首相は「日米同盟の強化こそが抑止力を高め、日本が攻撃を受ける可能性がなくなる」と主張しています。つまり「軍事力の強化」によって他国を威嚇して抑止しようということです。それが本当に抑止になるのでしょうか?

私たちが常に望んでいる憲法9条を旗印に「平和主義」「非暴力」を掲げた抑止とは正反対のものです。それがどんな結果をもたらすか、歴史が何度も教えているではありませんか。また安倍は「厳格な歯止めをかける」と言いますが、そんな歯止めが必要ということ自体それらの法案の危険性を物語っています。

これらのどこが「日本人の命と安全を守る法案」か!
「日本人の命を危険に晒す法案」に他なりません。


殉職を強制!


 自衛隊は発足以来、戦闘行為で一人も殺さず殺されていません。それは憲法9条の「武力行使は・・・永久に放棄」というしばりがあり、戦闘行為そのものが否定されているからです。

しかしこの法案が成立すれば自衛隊員が「殺し殺される」事態が想定され、一般国民だけでなく自衛隊員自身からも不安の声があがっています。

これに対し安倍は「自衛隊は発足以来1800名の隊員がさまざまな任務で殉職している」と発言しました。しかしこの数字は「災害救助や訓練活動」などでの事故の犠牲者だけのものです。それをあたかも戦闘行為でのものも含まれているかのごとく言いなし、続けて「隊員は危険を顧みず職務を遂行するプロフェッショナル」と決め付けました。

すなわち「危険を顧みず戦え。殉職を恐れるな。それがプロとしてのお前たちの義務」と恫喝しているのです。本当に怒り心頭ではありませんか。

安倍の暴走を止めよう

 安倍はアメリカ議会でこの法案をこの夏までに成立させると勝手に演説しました。彼に首相として日本の国会を無視するいかなる権限があるというのか!
安倍の独裁を、暴走を止めよう。法案成立を阻止しよう。

最後にもう一度言う「武力行使は・・・永久に放棄」の「永久に放棄」は「当面の間放棄」でも「原則的に放棄」でもない。「未来永劫いかなる時代の変化があっても放棄」ですよ。

(会員 Y)

« 戦争は突然起こるわけではない | トップページ | フィールドワーク ― 丹波マンガン記念館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「安保関連法案」の閣議決定を弾劾する:

« 戦争は突然起こるわけではない | トップページ | フィールドワーク ― 丹波マンガン記念館 »