無料ブログはココログ

« オスプレイ全国展開に反対しよう 熊本で試乗会 | トップページ | ロックアクションのテーマソングができました。 »

2014年12月31日 (水)

戦争に突き進む安倍政権をとめよう

 政府は自衛隊の海外派遣を随時可能にする恒久法制定について

検討に入ったと報じられています。


これまで派遣に合わせて時限立法の特別措置法で対応してきたものを、
自衛隊を迅速に派遣するために新法を作ろうというのです。


そして来年の通常国会への提出を目指しています。

安倍政権は7月の集団的自衛権行使を容認する閣議決定で、
「現に戦闘行為を行っている現場」以外では米軍や多国籍軍に幅広い支援ができると打ち出しています。

そして、日米両政府が10月に発表した防衛協力の指針(ガイドライン)再改定の中間報告でも、周辺事態という地理的概念を撤廃しました。

米軍支援を世界規模に拡大するということです。

 恒久法には、(1)国連平和維持活動(PKO(2)米軍・多国籍軍支援のための自衛隊派遣の要件と活動内容―を盛り込む方針。派遣の国会承認については迅速に対応するため事後承認とする案が出ています。

なお、戦闘機の国産化も進めています。憲法を変えずに実質的に戦争する国家へ日本を変えようとしています。このままでは、自国が攻められていないのに自衛隊を海外の戦地へ送り出すことになるでしょう。

消費税増税も福祉には使われず、戦費に使われることになるのは確実です。
みんなで反対の声をあげていきましょう。

1月6日(火)は秘密保護法廃止!ロックアクションの日です。

集団的自衛権反対など戦争につながる動きに反対するひとたちが多数集まっています。ぜひ参加しましょう。

1月6日(火)18:30~集会 19:30デモ出発

大阪市 中之島水上ステージ(中之島公会堂斜め前)

« オスプレイ全国展開に反対しよう 熊本で試乗会 | トップページ | ロックアクションのテーマソングができました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争に突き進む安倍政権をとめよう:

« オスプレイ全国展開に反対しよう 熊本で試乗会 | トップページ | ロックアクションのテーマソングができました。 »