無料ブログはココログ

« 本当は独立国なんかじゃない日本 | トップページ | 6月2日フィールドワークに行きませんか? »

2013年5月23日 (木)

橋下劇場を閉幕へ

 この間の橋下暴言を徹底批判すれば何時間かかるかわからないので、マスコミがあまり強く批判しない部分を2点指摘したい。


 ひとつは「
(米兵の性的欲求を制御するために)合法的な風俗業をどんどん利用すればいい」という発言だ。この文言自体極めて差別的で多くの批判が寄せられているが、私が言いたいのは橋下市長は「合法的な風俗業では性欲を発散させることは出来ない」ことを百も承知していたのではないかということだ。彼の本音は「表看板は合法的だが裏看板は非合法な風俗業をどんどん利用して「買春」すればいい」ということを言いたかったのだろう。「現代社会ではそんなこと絶対あってはならない」とあわてて弁解していたが、コスプレ不倫人間の言葉としてはとても白々しい

 もうひとつは「
(駐留軍は)現地の女性を活用していた」と何度も言っていることだ。「活用」とは文字通り「活かして用いる」との意味だが、まさに彼にとって女性は「性処理の道具」になってしまっている。そして彼はその差別性に全然気がついていないと思われる。彼の人権感覚のひどさはこれまでも何度も現れているが、これほどまでとは・・


 「誤解を招く表現があった」とか「今回はマスコミに大誤報された」とわめいているが、「いやいや私達はあんたの差別主義そのものの人格を誤解などなく正確に見抜いていますよ」と言ってやらねばならない。知事選での「2万%出馬はない」に始まった橋下大ウソ劇場もそろそろ閉幕させよう。(会員Y)

« 本当は独立国なんかじゃない日本 | トップページ | 6月2日フィールドワークに行きませんか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

橋下徹」カテゴリの記事

コメント

6月2日大正フィールドワークのコマーシャルです

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋下劇場を閉幕へ:

« 本当は独立国なんかじゃない日本 | トップページ | 6月2日フィールドワークに行きませんか? »