無料ブログはココログ

« あっと驚きの株価1円 | トップページ | 第三回戦跡めぐり 続き »

2012年11月 7日 (水)

第三回戦跡めぐりは青空の下、いい汗をかきました

十一月四日第三回戦跡めぐりを行いました。お天気もよく、一安心。

そして今回は、な、なんと、参加者26名!参加されたみなさん、ありがとうございました。
長距離を歩いたのでお疲れだったと思います。

案内文の中で、もう少し詳しくコースを書いた方がよかったかなあとか、食事についての説明もすこし足りなかったかなあとか反省しましたが、最後までおつきあいくださり感謝です。次回はもうすこし丁寧な案内と、小型バスなんかを調達したいと思います。これにこりず、また参加してくださいね~。

以下、簡単にご報告。
下の写真は商店街を抜けて安治川トンネルへむかっているところ。

2012kujyosyoutengai 安治川トンネル入り口で説明を聞きました。
Ajigawatonnerukujyogawa 安治川トンネルは、源兵衛渡しのあった場所に造られました。一九三五年(昭和十年)十一月3日工事開始、一九四四年(昭和十九年)九月十五日に開通しました。

なぜ、トンネルかというと橋を架けると空襲の標的になるからです。戦争中は交通を遮断するのが常套手段なんですね~。

そして工事したのは強制連行された中国人でした。食事もろくに与えられず冬になっても着る物も支給されず、殴打されながらの労働でした。生存が困難な状況で働かされました。

また、恐ろしい潜函病もありました。急に強い圧気中に入ったり出たりすると、気圧の急変からかかるものです。症状は軽いもので皮膚の掻痒、斑紋、少々重いものでめまい、嘔吐、頭痛、重くて最も多いのが四肢関節、筋肉の疼痛または激痛。罹病者数は延べ四五人。

安治川トンネルはエレベーターで下に降りてトンネル内を歩き向こう側のエレベーターに乗って上に出ます。
2012nisikujyogawa 写真は西九条側で説明を聞いているところです。

続きは明日。

« あっと驚きの株価1円 | トップページ | 第三回戦跡めぐり 続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第三回戦跡めぐりは青空の下、いい汗をかきました:

« あっと驚きの株価1円 | トップページ | 第三回戦跡めぐり 続き »