無料ブログはココログ

« がれき学習会に参加しました | トップページ | 第三回戦跡めぐりは青空の下、いい汗をかきました »

2012年10月16日 (火)

あっと驚きの株価1円

何と旧関空の株価が1円!
これじゃあ紙くずじゃん。

「1株1円は納得できない!」と2012年8月6日に一部の関空株主が大阪地裁に買い取り価格決定を申し立てたんですけど、10月9日に「1株1円」の決定が出ました。 

 旧関空会社株は1株5万円で発行され、7月の関空と大阪(伊丹)空港の経営統合に伴って買い取り請求を行っている株主は約50人。関空土地保有会社はこれら株主に宛てた7月24日付の書面で、買い取り請求の撤回▽「1株1円」に同意▽同意しない-のいずれかを8月7日までに返答するよう求めていました。

 関係者によると、関空土地保有会社は「事業価値」から負債額を差し引いた差額を「株式価値」と定義。負債額が事業価値を上回ったことから、株式価値は1株1円と評価されたもの。

しかし株主側は「今年3月1株当たりの純資産は約38000円なのに、1円と裁定するのは誤り」と主張。

裁判所は「一株あたりの純資産のみを基にすべきではない」1円の算定は「合理性が認められ、多額の債務がある以上やむをえない」とした。

まあ、確かに1兆円も債務があってはねえ。

株ってそんなもんと言われればそうかもしれませんが、
国策で作っといてそれはないやんなあ。

買取請求しなかった方たちの株価はどうなってるんでしょうか?
やっぱり1円?

« がれき学習会に参加しました | トップページ | 第三回戦跡めぐりは青空の下、いい汗をかきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関空ウォッチング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あっと驚きの株価1円:

« がれき学習会に参加しました | トップページ | 第三回戦跡めぐりは青空の下、いい汗をかきました »