無料ブログはココログ

« 海空学習会「関西空港とLCC(格安航空)」 | トップページ | 此花区民以外へのがれき説明会は1回だけ »

2012年7月31日 (火)

民意は聞かない橋下市長

7月27日は大阪市会7月本会議の閉会日。
この日、今年度一般会計補正予算(第1回)が通過するというので、多くの市民が傍聴に訪れました。

この補正予算のなかに震災がれき処理予算が含まれるからです。
震災がれきは普通のがれきとちがい放射能に汚染されています。

そのがれきを燃やせば空気中に放射能が放出され、
焼却炉も汚染されるため、若いお母さんを中心に反対運動が積極的に行われてきました。

陳情書や議員への働きかけ、学習会、デモ等頭が下がる活躍ぶりです。

大阪市役所南側では随時橋下市長に対する抗議が行われています。が、これらのことも橋下の目には入らないのでしょう。

それどころか、市政改革プランへのパブリックコメントを自ら募集しながら、少しも読んでいないことが共産党の反対意見であきらかになりました。

震災がれき処理予算については、自民党からくみかえ動議が出され、反対意見が述べられました。その他の会派も維新と公明を除いて反対意見を述べました。

しかし、公明が維新とくっついているためがれき処理予算は通ってしまいました。どんな悪法でも議席のためには通すという公明党のやり方は許せません。

がれき処理は此花区の舞洲で焼却、夢洲で埋め立てが行われるため、6月末~7月初めにかけて、3回(3会場)、住民説明会が行われました。

しかし、参加者は700人にも満ちません。それで住民に充分説明したとはとてもいえないでしょう。

おまけに広報もずさん。広報期間は9日間、回覧板と市のホームページだけだったので知らない人が多かったのです。

その説明会は此花区の住民しか入れず、入るときに住所を証明するものが必要、おまけに住民であっても1分でも遅れると入れない、手荷物を検査するという、戒厳令でも敷いてるのか?というような状況で行われました。

此花区民の方々はこれまでも公害被害を受けガンやぜんそくなどで苦しんでいらっしゃる方々が多いのです。なんでこの上、放射能の被害まで!

一般(という言い方も変ですが大阪市はそのようにHPに書いています)、ようするに他の区への説明は8月から行われるということですので、参加して反対意見を述べましょう。被害は大阪市全域、近隣の他県にも及ぶのです。此花区民だけの問題ではありません。

大阪の海と空を放射能で汚す「震災がれき処理」反対!

もちろん核兵器材料となるプルトニウム生む原発も反対!

再稼働なんてもってのほか!原発を廃炉へ!

「次は高浜」という関電を許さないぞ!

« 海空学習会「関西空港とLCC(格安航空)」 | トップページ | 此花区民以外へのがれき説明会は1回だけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

橋下徹」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民意は聞かない橋下市長:

« 海空学習会「関西空港とLCC(格安航空)」 | トップページ | 此花区民以外へのがれき説明会は1回だけ »