無料ブログはココログ

« LCC(格安空港会社)の危険性が出た | トップページ | 戦争をしてきた艦船を“平等”に扱うのはまちがい―大阪市港湾局交渉(4月18日) »

2012年4月16日 (月)

沖縄意見広告に賛同してね

5月国内紙に沖縄意見広告を載せようと、今日4月13日、エルおおさか南館で第3期沖縄意見広告運動4・13関西集会がもたれました。

Dai3kiokinawaikenkoukoku

一人でも多くの個人・団体に賛同していただき意見広告を出したいと思い      ます。
賛同金は個人1口1000円
      団体1口5000円
      ※なるべく2口以上お願いしますとのことです。
郵便振替番号 00920 3 281870
加入者名    意見広告
お名前の公表についても可、不可を書いてください。
呼びかけ人、賛同人になってくださる方はそれも書いてください。

集会では沖縄から伊波(いは)洋一さんにお越しいただき、いろいろ詳しいお話を聞くことができました。

第2期(昨年9月21日~23日)の意見広告は
ニューヨークタイムスとワシントンポストWebに掲載。

普天間飛行場が住宅地と密接してる写真、
辺野古・大浦湾のサンゴやカクレクマノミなどきれいな海中写真など掲載。アメリカの市民に沖縄米軍基地について知ってもらうことができました。

その後今年の1月23日~26日のワシントン行動にあわせワシントンポストWeb版のオピニオンページに意見広告を掲載。

アメリカの議員達を訪問し非常に有意義であったと話されました。

聞いていて意見広告が有効なんだと感じることができました。

アメリカは合衆国なので州=国という感覚。
あまり他国のことについて感心がない。

だから、意見広告を見て驚かれる方が多いそうです。

第3期は沖縄紙と国内紙に掲載。
沖縄問題は「本土」の私たちの問題。ぜひとも成功させましょう。

« LCC(格安空港会社)の危険性が出た | トップページ | 戦争をしてきた艦船を“平等”に扱うのはまちがい―大阪市港湾局交渉(4月18日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄意見広告に賛同してね:

« LCC(格安空港会社)の危険性が出た | トップページ | 戦争をしてきた艦船を“平等”に扱うのはまちがい―大阪市港湾局交渉(4月18日) »