無料ブログはココログ

« 資料 戦時海運対策に関する意見 | トップページ | 大阪と兵庫、足並み揃わず »

2011年11月29日 (火)

資料 戦時海運対策に関する意見②

今回は2ページの左から4行目からです。

(二)船腹拡充根本方策の更新確立

 戦時標準型船および木造船の大量かつ急速な建造促進は現下の海上輸送力増強上喫緊(差し迫って)の要務であり、官民協力一致によりその成果の見るべきものがあるのは我らの最も心強く思うところであるが、これの十全な目的達成のためには既設造船工場(ここから3ページ)における規定拡充計Senjiiken3 画の完遂を促進しかつ新設中の造船造機工場等の可及的速やかな稼動を図るべく一層の努力を払う必要がある。そうして決戦下特に最も重大な問題として我らの痛感しつつあることは現段階に即応する本質的船腹拡充方策の更新確立である。すなわち、軍事目的の達成と決戦下の各種の特殊任務にたいする適応性および一般輸送の完遂とを主眼とする総合的計画の樹立を根幹とし、かつ燃料問題にも十分な考慮を払い、各般の観点から船種、船型、機関等の選定に再検討を加えてこれを確立し、戦時標準型船および木造船の建造をなすことが肝要であると考える。

(三)海上最短距離輸送と輸送貨物高品位選択の徹底

 交錯輸送および長距離輸送等における輸送の非能率は各方面の協力によりようやく改善を見つつあるが、今日のように輸送力が逼迫している段階では更に一歩を進めて海上最短距離輸送と輸送貨物高品位選択の二大原則を確立しかつ強権的に実施し、もってこれの徹底的改善を図ることが急務である。特に輸送貨物の高品位選択は製品の歩留まり関係からみて輸送力の節約に資するところが大きいので、商工省、統制会等において輸送原料の品質に関し精密な調査と厳重な監督とを実施する必要があると考える。

Senjiiken4 (四)戦時船員対策の確立

  決戦下海上輸送力の増強はその人的要素である船員対策の確立いかんによるところがとても多い。
政府においてもその重要性にかんがみこの施策に万全を期しつつあることはあれこれ言うまでもないところであるが、現段階における船員対策の確立にあたってはさらに一層の努力を要すべく、特に左記の諸方策の樹立ならびにこの急速な実施を期することが緊要であると考える。
 (1)船内における秩序については
いかなる場合でも船長を首班とする命令系統を確立し、船員およびその他乗り組み員をして軍隊と同様の規律および秩序を徹底させるよう処置すること。
 (2)高級船員払底の現状にかんがみその緊急養成を促進しこの配分については陸、海、逓、鉄、農五省の保有船員にたいして統制的措置を講ずること。
(3)船員の養成は政府みずからその重要な任務にあたり精神教育に重点をおくこと。
(4)船員の特殊性ならびにその勤労状態にかんがみその老後の生活安定を期するため船員保険法の拡充ならびに国家的年金制度の確立を図ること。              
 

Senjiiken5  以上に関しわれらが考究した結果を詳述すれば別紙参考資料(※)のようになるが、 政府においては今後における海上輸送力増強の施策決定ならびに運用にあたりつとめて本意見書の趣旨を参酌されることを要望するものである。
(備考)
 木造船に関する事項は別途考究中につき本意見にはこれを含んでいない。

※この資料はどんなものか手元にないのでわかりません。

いかがでしたか?ずいぶんあせってる感じを受けましたが…。標準型の船とともに木造船も作れといってるし、物資も高品質のものを送れといってるし。このころはもう資源がなくなって粗悪なものしかできなくなってたんでしょうか?運んだのはいいけど使い物にならないものずいぶん出たみたいですね。

読んでみると、財界と国が一体となって戦争をすすめている、いや、財界が先導してるような感じすらします。戦争中動員された船員は徴用された人の6割が戦死したと聞いています。軍隊よりその割合は多かったそうです。

(四)の3の要求なんか、ほんまにゾッとしますね。精神教育ですよ。
また2は高級船員がいなくなっていそいで養成しろ、1は軍隊と同様の規律で締め上げろってことですよね。

また、戦争に動員するために船員保険法を充実させひろめようとしたり国家的年金制度を確立させようとしたんですね。

 ちなみにこれを発行した日本経済聯盟会というのは、戦後すぐに重要産業協議会、日本商工経済会、商工組合中央会と旧経済団体連合会を結成した団体です。以下に略歴を記します。

  • 1922年(大正11年)8月 日本経済聯盟会(経済聯盟)結成。
  • 1940年(昭和15年)8月 戦時統制のため、日本経済聯盟が中心となって、重要産業統制団体懇談会を設立。
  • 1941年(昭和16年)1月 重要産業統制団体懇談会、重要産業統制団体協議会(重産協)に改称。
  • 1942年(昭和17年)6月 重要産業統制団体協議会、重要産業協議会(重産協)に改称。
  • 1945年(昭和20年)9月 敗戦後、日本経済聯盟会、重要産業協議会、日本商工経済会、商工組合中央会によって、経済団体連合委員会を結成。
    (この項ウィキペディアより)
  • 橋下が大阪市長になって、教育基本条例を実施するというし、またこのような時代にならないか心配です。

    そうならないよう、がんばっていきましょう。

« 資料 戦時海運対策に関する意見 | トップページ | 大阪と兵庫、足並み揃わず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資料 戦時海運対策に関する意見②:

« 資料 戦時海運対策に関する意見 | トップページ | 大阪と兵庫、足並み揃わず »