無料ブログはココログ

« 戦争中の百貨店のカタログ | トップページ | 資料 戦時海運対策に関する意見 »

2011年11月22日 (火)

大阪の中心で関空反対を訴え

11月20日、大阪市の浪速公園で、「関西空港反対」集会を開きました。主催は淡路町空港反対同盟・新空港反対東灘区住民の会・関西空港反対明石住民の会と私たち大阪の海と空を戦争に使わせない会の4団体です。

まず主催者を代表して、「新空港反対東灘区住民の会」の山本代表が挨拶をされました。

山本さんはまず「沖縄、三里塚、福島で大変な状況にあるが、我々はその闘いの先頭に立つ覚悟をしなければならない」と19日エルおおさか南館で行われた「沖縄意見広告」集会の様子を話されました。

私も参加しましたが、沖縄から訪米団を送って直接アメリカ国民に訴えるという話を聞いて、「すごーい」と思いました。

山本さんは三里塚、若狭の原発についても話されたあと、「関空の統合は税金の垂れ流しであり何の展望もない」「この状況は必ず戦争に繋がる」、「TPPは絶対に許さない」と提起されました。「この分だとまだ92歳までやれそうだ」とお元気に話され、会場から笑いと激励(こちらが激励されたかも)の拍手が起きました。

連帯の挨拶として、「風を起こす女の会」から、経産省前テント広場で福島の女たちが座り込みを行なったのに合わせて、大阪からも駆けつけともに闘った様子が報告されました。 また先日、私たち「海と空」が主催した大阪城周辺戦跡巡りに参加した想いを語られました。そして大阪港、関西空港を戦争に使わせないために、これからもともに頑張って行きたいと決意と連帯を表明されました。

続いて関西合同労組大阪支部 が発言しました。まず関西空港と大阪空港の統合について、税金を垂れ流し、市民の生活と平和を脅かすものだとキッパリ。そして「大阪都構想」については、小泉構造改革路線の大阪版であり市民生活を破壊し市民の財産を売り飛ばそうとするものだと話しました。

そして労働法で保障されているはずの様々な権利が奪われ、職場の安全が破壊されてきている現実を、郵便局で働く仲間の具体的な例を上げて話しました。 最後にTPPが何をもたらすかを明らかにして絶対に反対していかねばならないと訴えました。

部落解放同盟全国連合会からは、予定が重なり参加できないということでメッセージをいただき、司会が代読しました。三里塚芝山連合空港反対同盟からもメッセージを頂いていたので司会が代読しました。

次に、「ヨッシー高槻」こと高槻医療福祉労組委員長の吉岡さんの歌と演奏が行われました。体調不良だったとは知らず、しつこくお願いしてしまい、申し訳なかったのですが、いつもながらの軽妙なMCと熱唱で場を沸かせてくださいました。ありがとう~~。

つぎに、主催者からのアピールです。

20111120yanaga トップバッターは、わが 「海と空」の弥永さんから。
「関空は、統合しようがどうしようが破綻した空港なのだ」「もう何十億というような税金の投入をやめて欲しい」と訴えました。

「1兆3千億円の負債は返済不可能だ」「LCC導入のために来年だけで100億円もの新たな借金」「発着回数、旅客数、貨物量、いずれもが東京一極集中のために成田空港の半分前後にしかならない」「大阪府の関空関連3セクが相次いで倒産している」「統合は関空の破綻をごまかして先送りするだけだ」「1兆3千億と心中する企業などあるはずがない」「獄門島と言われるLCC、関空の労働実態は安全性を無視したものだ」「リニアモーターカーなどいったい誰が乗るか。こんな赤字が確実な工事を絶対に阻止しよう」と具体的に明らかにして関空反対を訴えました。

続いて関西空港反対明石住民の会から高木さん。
「空港反対を長く闘ってこれたのは三里塚とのつながりがあったからだ」「支援すると言いながら、活を入れられている」「三里塚の闘いの中には、今の原発、TPPの問題、農業の問題、労働者の問題が全て含まれて40数年、今も続いて闘われてきた」「今こそ三里塚を訴えていこう」「長生きしてとにかく声を上げ続けていきたい」と話されました。

20111120nagaiこのあと、まとめのあいさつを淡路町空港反対同盟代表の永井さんがされました。 永井さんは「40年以上前に淡路空港反対の旗揚げをした頃を思いだす」と。そして「淡路を第2の三里塚に」と訴えて闘いを始めた若いころのことを話されました。

1969年の大阪空港騒音訴訟の支援の話しから、騒音のもたらす「受験生の自殺」などの問題を。泉州に候補地が移ってからも「騙されたらあかん」と闘いを続けたことなど。こうした闘いができたのも、当初から三里塚反対同盟が来てくれて応援し、「一坪運動など」を指導してくれたことがあったからだと。「三里塚のように闘おう」と決意して闘い続けてこられたことを話されました。 そして「4000メートル滑走路など民間空港にはいらない」「軍用空港だ」と関西空港の実態を明らかにされました。

 最後に、淡路町空港反対同盟の安藤さんが音頭をとって団結ガンバローを行なってデモに出発しました。

20111120ganbarou

デモが出発というとき、公園の入り口で飛び入り参加の若い女性がいました。最後までデモしてくださり、ビラも熱心に読んでくださってとてもうれしかったです。また、参加してくださいね。

デモは日本橋の電器屋さんがならんだ通りを北上し、千日前通りにぶつかったところで左折。ちょっと行ったところで団結ガンバローをして終了しました。今回デモ隊と平行して歩きながら沿道の方々にビラを配ったのですが、
デモが注目されていたからでしょか、受け取りがすごく良かったです。
これがそのビラ→「112220endou2.pdf」をダウンロード 
このあと有志で交流会という名の飲み会を行い、お互いの労をねぎらい、
親交を深めました。しかし、よく飲みますねえ。のんべばっかりです~。

« 戦争中の百貨店のカタログ | トップページ | 資料 戦時海運対策に関する意見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

関空ウォッチング」カテゴリの記事

航空政策」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪の中心で関空反対を訴え:

« 戦争中の百貨店のカタログ | トップページ | 資料 戦時海運対策に関する意見 »