無料ブログはココログ

« 大阪城周辺戦跡めぐり① | トップページ | 大阪城周辺戦跡めぐり② »

2011年11月 2日 (水)

11・20関空反対闘争ご案内

みなさまへ
 政府は9月20日、5月に成立した関西空港と大阪(伊丹)空港の経営統合を定めた法律に基づき、新たな運営会社を来年4月1日に設立し、同7月1日に経営統合することを定めた政令を閣議決定しました。

 政府が全額出資し、両空港の滑走路や大阪空港の土地、関空のターミナルビルを保有する「新関西国際空港会社」を設立。経営統合後、事業運営権を早期に民間に売却することを目指すということですが、採算の見通しなどたたない暴挙としかいいようがない計画です。

 そもそも「運営権」を1兆3000億円(負債と同額)で買う民間会社があるのでしょうか。関西空港へは2003年から年間90億円、昨年も75億円の補給金が国から投入されており、12年度予算編成についても国土交通省は概算要求で今年度と同額の75億円を盛り込みました。新会社設立後も売却が完了するまで補給金が支給される予定です。関空が税金(かね)食い虫である状態は続くのです。

 しかも関空はLCC(格安航空)の拠点になることをもくろみ、さらに24時間使用できる空港として貨物便のハブ空港になろうとしています。貨物便は夜間の増便が見込まれ、そうなると近隣住民は夜間も騒音に悩まされることになります。さらにLCCによるコスト重視、労働条件悪化による安全性への危惧があります。

 また、4000メートル滑走路を2本持つ空港として軍事使用への懸念があります。1982年7月、田中角栄の「(関西空港は)軍用と併用しようといえば、すぐできる」という発言、2005年5月にイラク派兵のため制服のまま搭乗した自衛隊、昨年の橋下府知事の「(米軍の)訓練を受け入れ」発言等を考えると十分ありえる話です。

 大阪港についても米艦船、自衛艦の入港が増えています。今年だけでも5月13日から16日にかけて米艦「ブルーリッジ」が入港し、9月24~25日には海上自衛隊が大阪港湾全域を使った海上展示訓練を行いました。
 私たちは大阪の海と空の平和を守るたたかいとして下記の通り集会とデモを行います。一人でも多くの方がご参集くださいますようお願いいたします。 

       

金で関空の赤字補填反対!
関空の軍事使用は許さない!
若狭湾の原発を全部とめろ! 

11・20関西空港反対闘争

日時:2011年11月20日
集会:午後2時~3時(後デモ)
場所:なにわ公園

(大阪府大阪市浪速区塩草1丁目)

【主催】淡路町空港反対同盟/関西国際空港反対明石住民の会
新空港反対東灘区住民の会/大阪の海と空を戦争に使わせない会
【連絡先】大阪の海と空を戦争に使わせない会
      大阪市港区磯路2-3-9 TEL:050-3676-3870

Naniwakouen

« 大阪城周辺戦跡めぐり① | トップページ | 大阪城周辺戦跡めぐり② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11・20関空反対闘争ご案内:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/11/03 08:49) [ケノーベル エージェント]
大阪市港区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 大阪城周辺戦跡めぐり① | トップページ | 大阪城周辺戦跡めぐり② »