無料ブログはココログ

« 読みやすいビラの作りかた―字間と行間 | トップページ | 大阪城周辺戦跡めぐりにいらっしゃ~い »

2011年10月 4日 (火)

読みやすいビラの作り方―図・写真の配置

■前に目線を妨げないと書きましたね。922syasinmigisita

左のビラは写真を右下に配置しています。文章は縦書きで目線は右から左へ流れていきますね?

写真と写真の説明を見ようと思ったら、いったん文章を中断させなければなりません。

それか、文章を最後まで読んで(左端まで)右端に戻らないといけません。

中にはめんどくさくなって、写真説明文までは読まない人もいるでしょう。〈目線を妨げるな〉というのはそういうことです。

それに文章も短くなったり長くなったり、見た目も悪いです。

■タイトルと文章の間隔は開ける

上のビラはわざとタイトルと文章、写真と文章の間をあけずに作ってみました。読めないことは有りませんが、あまり読む気にもなれませんよね?

やはり余白があったほうがメリハリが利いて読みやすいのではないでしょうか?

※写真と説明文はくっついているほうが分かりやすいと思います。書体と文字サイズも本文とは変えたほうがいいでしょう。

■あまり書体を多用しない

上のビラはタイトルに2書体。
本文に1書体。
囲みに1書体。
写真説明に1書体。
発行者名に1書体。
連絡先に1書体と7つの書体を多用しています。

実際に発行したビラ(下をみてください)は大見出しに太ゴシック、囲みと連絡先にゴシック、本文に丸ゴシック、写真説明に明朝、発行者名にクラフト墨という書体を使っています。全部で5書体ですが、太ゴシックとゴシックは同じ系統なので、ケンカしないというか違和感はありません。丸ゴシックもそうですね?

922biraお祭りみたいなPOPなビラを作るのなら、いろいろな書体を使って楽しくというのもありですが、こういったビラではあまり多用しないほうがゴチャゴチャした印象をあたえなくていいんじゃないでしょうか?

■文章はなるべく短く

ビラの文章をじっくり読む人はそんなに多くない。たいていは見出しを読む程度。実はこれもそういう意味ではよくない。もう少し写真とか絵を多くしてキャッチコピーと集会の要綱だけでもよかったかも…。

どうしても書いてしまうのですよねー。

« 読みやすいビラの作りかた―字間と行間 | トップページ | 大阪城周辺戦跡めぐりにいらっしゃ~い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ビラの作り方」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読みやすいビラの作り方―図・写真の配置:

« 読みやすいビラの作りかた―字間と行間 | トップページ | 大阪城周辺戦跡めぐりにいらっしゃ~い »