無料ブログはココログ

« 『襤褸の旗』上映会 無事終了 | トップページ | リニア鉄道建設でまた一儲け企む »

2011年6月18日 (土)

高知のレーダー管制統合、6月2日から関空へ

Photo_2 
2011.5.31 産経ニュース

 国土交通省関西空港事務所は31日、高知空港の周辺空域をレーダーで監視する管制業務を6月2日から関空に統合、一元化すると発表した。地上の管制業務は、引き続き高知空港で実施する。

 同事務所は「悪天候など緊急時により早く意思疎通ができ、効率的な空域の利用ができる」と効果を説明。高知空港の管制官10人が関空に異動し、関空の管制官は145人になる。

 統合する業務は、離陸後の上昇や着陸に向けた降下について、航空機の位置や高度などをレーダーに表示、誘導する「ターミナル・レーダー管制」。関空で現在担当している大阪(伊丹)や神戸など計4空港に高知空港が加わる。

 平成24年度には現在岡山、高松の両空港周辺空域を担当する高松空港事務所のレーダー管制業務も関空に統合の予定。

以上転載終わり

なんか関空にレーダー管制業務が集中するんですね。

高知、岡山、高松まで。何でなんだろ?ハブにするため?

一応メモ代わりにUP

« 『襤褸の旗』上映会 無事終了 | トップページ | リニア鉄道建設でまた一儲け企む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高知のレーダー管制統合、6月2日から関空へ:

« 『襤褸の旗』上映会 無事終了 | トップページ | リニア鉄道建設でまた一儲け企む »