無料ブログはココログ

« 府知事の発言は「行政の関与するところではない」だって | トップページ | 橋下府知事は独断的すぎる »

2010年12月29日 (水)

2011年度の関西国際空港会社補給金は75億円

政府は12月24日、2011年度予算案を閣議決定しました。

公共事業関係の予算は10年度に続いて大幅削減される見通し
でしたが、関西国際空港会社の経営安定のための補給金は、
国土交通省が概算要求した通り75億円で決着しました。

10年度に政府の事業仕分けで90億円から75億円に
減額されたわけですが、現状維持となったわけですね。

また、さらに10億円が計上されました。

これは12年度の大阪国際(伊丹)空港との経営統合に向けた
準備経費とのこと。


1兆円の有利子負債を抱える関空会社は、年間約200億円の
利払いが必要で、補給金はこの利払い負担を軽減するため。

しかし、政府は12月20日、
経営支援のため関西国際空港会社に支給している補給金を
15年度をめどに廃止する方針を固めたんだよねえ。

関空と大阪(伊丹)国際空港を経営統合して設立する
「統合事業運営会社」の運営権を最大1・3兆円と試算し、
民間企業に一括または50年間の分割で売却することで、
運営会社の自立経営が可能になると判断

こういうのなんて言う?

とらぬ狸の皮算用か。

伊丹との統合では、新会社が大阪空港周辺の住宅に
支出している騒音対策用のクーラー代金も持つんでしょ?

なんせ街中の空港だもん。

机上の計算通りに行かないのが世の常。
そんなに思い通りにはいかないと思うぞ。

« 府知事の発言は「行政の関与するところではない」だって | トップページ | 橋下府知事は独断的すぎる »

関空ウォッチング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011年度の関西国際空港会社補給金は75億円:

« 府知事の発言は「行政の関与するところではない」だって | トップページ | 橋下府知事は独断的すぎる »